しがないマーケターの戯言

学びとキャリアに役立つ知識をまとめて紹介

中国語と英語を同時に学ぶメリットとは

f:id:iroiromanabu:20190203204249j:plain

仕事の関係で、中国語を学ぶことになった。これまで、散々に英語を勉強してきたのだが、これを機に英語の勉強をストップするか迷った。

でも英語はいつまでも重要であることに変わりはないので、英語と中国語の両方を同時に、並行して学ぶことをできるところまでやってみることにした。

この記事では、英語と中国語を同時に学ぶことのメリットと、中国語初心者にオススメしたい学習コンテンツ(アプリや教材)をご紹介したい。

 

中国語と英語を同時に学ぶメリット

中国語と英語を同時に学ぶメリットは、主に以下の2つであるように感じている。

語学学習の方法は、中国語であっても英語であっても基本は同じであり、英語の効果的な勉強法は、中国語にも活かせるということ

日本語に共通することと、英語に共通することがあるので、英語を勉強していれば大抵の文法は理解がスムーズであること

 

勉強方法は基本的には同じ

f:id:iroiromanabu:20190203205640j:plain

英語をいろいろと試行錯誤しながら勉強した経験がある人なら、英語の学習において大切なことがなんとなく見えていると思う。

・まずは基本的な文法や単語を覚えないと始まらないこと

・音読やシャドーイングは重要であること

・話す、書くというアウトプットの機会を多く持つことがとても重要であること

・アプリやオンラインコンテンツも活用できること

・何より学習を継続することが大事であること、などなど。

こういった英語学習における基本は、中国語でも全く同じだ。もちろん、中国語には独特の漢字があったり、ピンイン・四声といった、日本語にも英語にもない概念がある。

勉強を始める前に方法論を知ろうと思い、僕はまず高橋勇進「最短で上達する中国語学習法」に目を通した。この本の内容自体は中国語学習の全体像をつかむ上で参考になったのでおすすめだが、その勉強法というかトレーニングは英語の学習法に通じるものばかりだった。

 

英語と日本語のどちらかに共通することがある

f:id:iroiromanabu:20190203205657j:plain

時々、「中国語の文法は英語と共通する」と言われることがある。でも正しくは、「中国語の文法は英語に共通する部分と、日本語に共通する部分が両方ある」だと思う。

例えば、中国語で「我不是中国人」という文章は、日本語だと「私は中国人ではありません」のように否定語が文末に来るのに対し、英語だと「I am not a Chinese」と主語の後ろに来る。このように英語に語順が近い表現が多いのは確かだ。

一方で、「あなたは中国人ですか?」という疑問文の場合、中国語だと「你是中国人?」と文末に「吗」をつける。これは「Are you a Chinese?」と文頭の語順が変わる英語よりも遥かに日本語に近い。

このように、中国語の文法は英語に共通する部分と、日本語に共通する部分が両方ある。

また、基本的な英語の表現をいろいろと知っていると、「ああ、この表現は “if(もし~ならば)に近いんだな」「この表現は “ in spite of(にもかかわらず)」に近い表現なんだな、などと英語↔︎中国語↔︎日本語と結びつきを感じながら勉強できるので単純に面白いし理解が早いと思う。

 

中国語初心者におすすめ教材

最後に、いろいろと試しながら中国語学習を進めているので、使ってみて良かったおすすめの教材をご紹介したい。

HelloChinese

f:id:iroiromanabu:20190203204931j:plain

スマホアプリの「HelloChineseは、中国語初心者にかなりおすすめ(少なくとも僕は毎日取り組んでいる)。

中国語の基礎の基礎から、単語の意味を答える問題、並べ替え問題、リスニング問題などが様々な角度から出題されるので、ひたすら解いているだけでいつのまにか頭に基本的な表現や単語の意味と音が残る。

なにより、ほとんどの機能を無料で使えるところがすごい。

さらに、発音の正誤判定までしてくれるので、発音が難しいとされる中国語の勉強にはぴったりだ。

カエルライフ

f:id:iroiromanabu:20190203205016j:plain

中国語教材の制作と販売を行っているカエルライフの動画教材はかなり秀逸だと思う。僕はまず「動画で身につく!中国語入門(税込2,980円)」を一通り見た。

有料コンテンツだが、なんと合計6時間半の動画(3分以内の短いものが約200本!)でこの価格。高価な中国語のレッスンに通う前に、この動画を見ることは基本的な発音や文法を理解することにおいてかなり有効だと思う。

動画はシンプルなアニメーションでわかりやすいし、ナレーターはバイリンガルの中国語ネイティブスピーカーなので内容は信頼できる。

CC レッスン

f:id:iroiromanabu:20190203204840j:plain

最後は、オンライン英会話ならぬ「オンライン中国語」のご紹介。すでに複数サービスがあるが、ぼくはSEOが強くて(Google検索上位に表示されていて)サイトの作りがしっかりしている「CCレッスン」をとりあえず始めてみた。

8,000円強で毎日25分のレッスンが受けられる。「いきなり話すのは難しいんじゃ」という恐れもあったが、日本語を話せるバイリンガル講師が多数在籍していて、テキストも日本語の説明があるものを使えるので、初心者でも受けられる。

英語の学習でもオンライン英会話にはかなりお世話になっている。中国語でもアウトプットの習慣をつけることは重要なはずなので、今後も利用していきたいと思っている。

 

***

以上、英語と中国語を同時に学ぶことのメリットと、中国語初心者にオススメしたい学習コンテンツ(アプリや教材)をご紹介した。もう少し上達したら、スクール形式の中国語レッスンも受けてみたい。