しがないマーケターの戯言

学びとキャリアに役立つ知識をまとめて紹介

純ジャパが「使える英語力」を身につけるために必要なアウトプット勉強法

f:id:iroiromanabu:20180923151823j:plain

自分の英語力を説明するときに、「文法やリーディングはできるんだけどスピーキングがという表現をする人が多い。それはある意味合っているが、自分の英語力をきちんと理解できていない場合がある。

英語が喋れない多くの日本人は、以下の図のグレーの部分、つまり、基本的な単語や文法は高校・大学受験のときに学んでいて、「知っている」もしくは「理解している」レベルであり、「使える」レベルではない状態だ。

f:id:iroiromanabu:20180923151810j:plain

また、「TOEICは高得点(800点以上など)でも喋れない」などと揶揄されるのは、TOEICの高得点に必要な文法力・語彙力が「使える」レベルになっていないというだけだと思う。今の力を「使える」レベルに引き上げる努力をすれば、そのスコアは決して無駄にはならないはず。

ただ、図にも記載しているが、大人になってから英語を本格的に勉強し始める人にとって、ネイティブとの差は一生かけても埋まらない差があることを感じる。勉強すればするほどその距離を認識し、愕然となることがある。

おすすめアウトプット勉強法

ということで、今ある英語力を「使える」レベルに引き上げるためのおすすめのアウトプット勉強法をまとめたい。

瞬間英作文

日本語のシンプルな和文をひたすら英語にしていくトレーニング教材。まさに「中学レベルの単語・文法知識を使えるものにする」というコンセプト。紙の本もあるが、個人的にはアプリがおすすめ(有料)。音声も同時に聴けて、苦手な問題をストックできる機能もついていて復習に便利だ。

安価にアウトプットを重ねられるとても良いトレーニング教材だが、あくまで日本語を介してのトレーニングになるので、英語を英語のまま理解し、使うというトレーニングではない。ので、英会話スクールやオンライン英会話との併用を勧めたい。

オンライン英文添削サービス

僕は「フルーツフルイングリッシュ」という英文をオンラインで提出すると、数日後にバイリンガル講師からの添削が届くライティングサービスを利用していた。IELTS対策などもあり、問題のコンテンツも充実している。やはり、オンライン英会話などで闇雲にアウトプットしていても、自分の英語が正しいのかどうなのかはわからない。ネイティブにフィードバックしてもらうことは上達の近道なので、とても有用なサービスだ。

オンライン英会話

今や有名になったオンライン英会話は、アウトプットの機会を十分に確保するために非常に有効。月あたり1万円前後で毎日25分の英会話レッスンを受けられる。ただし、教師の質が低い場合が多く、きちんとフィードバックをくれないことも多い。「DMM英会話」や「レアジョブ」「ビズメイツ」などが有名どころだが、教師の質とビジネス英語のカリキュラムの質を重視して、僕は毎日ビズメイツを受けている。

英会話スクール

資金が十分になあるなら、やはり英会話スクールでネイティブの講師と会話をしまくることが一番だと思う。かつ、本当に上達したいなら、しっかり自分の英語に対してフィードバックしてくれるマンツーマンのレッスンをお勧めしたい。僕は「ベルリッツ」と「GABA」に通ったことがある。どちらも質の高いレッスンで、フィードバックの量とカリキュラムの質の面で特にベルリッツのレッスンはおすすめ。

まとめ

どの英語学習ツールを選ぶにせよ、毎日アウトプットの時間をもつことが何より重要。英会話スクールに長く通う資金がなければ、オンライン英会話と組み合わせるのも手。実際に僕自身はそうしている。