NERDY

しがないマーケターが書く戯言。

「仕事の進捗」は働く上での幸福になる

ハーバード・ビジネス・レビュー『幸福学』に収録されている論文『インナーワークライフの質を高める「進捗の法則」』(著:テレサ・アマビール、スティーブン・クレイマー)がとても興味深かったのでご紹介したい。 ハーバード・ビジネス・レビュー[EIシリ…

営業とマーケティングの壁を壊すには?|マーケティングの教科書

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー「マーケティングの教科書」に掲載されている論文「営業とマーケティングの壁を壊す」(著:フィリップ・コトラー、ニール・ラッカム、スジ・クリシュナスワミ)を読んで、事業会社のマーケターとして働く自分は多い…

フリーランスで個人は成長できるか|フリーランスでいこう!

最近SNSなどで話題の高田ゲンキさん「フリーランスで行こう!」を読んだ。フリーランスという働き方に少しでも興味がある人にはかなりオススメできる1冊だ。フリーランスの働き方における魅力も、苦労も、営業ノウハウも、マンガでさらっと20分くらいで読め…

日本人マーケターが海外転職するには|おすすめエージェントなど

僕は近い将来海外で働きたいと思っている。元々、25歳まで日本を出たことのなかったドメスティック人材だったのだが、なぜか20代終盤から急に海外への興味が強くなった。一人で海外旅行にいったり、セブ島の語学学校で学んだり(1週間だけだが)、英語も勉強…

仏教・神道・儒教の違いと特徴|世界の裏側がわかる宗教集中講座

日本人は、宗教について、自分たちとは無縁のものだと思いがちだ。でも、この井沢元彦「世界の裏側がわかる宗教集中講座」を読むと、世界が宗教の力で動いていることがよくわかる。宗教の理解を深めることは、世の中の動きを理解する上で非常に役立つ。この…

絶対数は「生産性」のカベになる|自分の時間を取り戻そう

ちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」を読み返した。仕事や家事の「生産性」に着目し、人生の限られた、そして貴重な「時間」をどう使うべきか、ということを考えさせられる1冊だ。 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの…

「線」で考えるコミュニケーション

過去、僕はあるプロモーションでミスをした。詳細は書けないが、パートナー企業のコールセンターに僕が間違った指示を出してしまった(僕はクライアント企業の担当という立場だ)。 ある時それが発覚し、対応に追われることになった。僕は平謝りしてそのパー…

「自分は何のために働くのか」と思った時におすすめ本|働く意義の見つけ方

人生の大半の時間を占める「働く」ということ。目の前の仕事に追われて、「自分は何のために働いているんだろう」と悩んでしまうこともあるかもしれない。ここでは、そんな時に読むとやる気が出てくる(もしかしたら会社を辞めようと思ってしまう可能性もあ…