NERDY

しがないマーケターが書く戯言。

人がコントロールできる40%の「幸せ」とは|ポジティブ心理学から学ぶ

MBA

MBAでは小難しいファイナンスや経営理論ばかり学ぶことをイメージしがちだが、「幸福とは何か」という真理を考える「ポジティブ心理学」を学ぶ。これは非常に面白い分野で、自分はなぜ働くのか、どうなりたいのかということを立ち止まって考えさせられる貴重…

赤信号は黙って止まるべきか、考えて渡るべきか|自分のアタマで考えよう

ちきりんさんの「自分のアタマで考えよう」を初めて読んだのは、もう5年ほども前になるだろうか。 この本にも影響を受け、周囲の価値観に流されるのではなく自分で考えて判断したいと、日頃から考えるようになった。 3枚重ねて貼るシールは間違いか 例えば…

「淡きこと、水の如し」人間関係を良好にするために大切なこと

法事で実家に帰った。 もう10年ほど前に亡くなった祖父が残したこの書道の作品は、西薇山(にし・びざん)という江戸時代~明治初期の岡山県の教育学者の作品らしい。 人望の厚い祖父 僕の地元はそれはもう相当な田舎で、祖父はもちろん大学教育なんて受けて…

かゆいところに手が届く、街の電気屋さんがAI時代に生き残る理由

とある広告代理店の営業マンKさんと、とは長い付き合いだ。チラシやパンフレット、販促資材などその他もろもろのデザインや印刷手配、広告媒体の手配までお世話になっている。最近、その人の働き方を見ていて、すごい「人的資本」だな、と思った。 広告代理…

「さっさと退社する上司」は素晴らしいという話

会社員歴が長くなってくると、多くの上司の下で働くことを経験することになる。上司によって、マネジメントスタイルは様々だということにも気づく。 細かく全部口出ししたがるマイクロマネジメント上司もいれば、自由奔放にさせてくれる上司もいる。担当を信…

【就活・転職活動で役立つ】志望動機を話す・書く上で外せない5つのポイントと具体例

最近エントリーシートの添削を頼まれることが増えた。僕は就活のプロではないし、人事の経験もないし、キャリアコンサルタントでもない。でも、新しいことに挑戦しようとしている人の話を聞くことが好きなのと、広告物(ビラとか冊子とかWEBサイトとか)の文章…

文章の説得力とリズムが変わるライティング超基本の5つのコツ|就活や転職活動、WEBライティングにも

これまで広告物(ビラや冊子やWEBサイトなど)をたくさん作ってきたので、人よりかなり文章を書いているほうだと思う。就活や転職活動のエントリーシート・職務履歴書の添削を頼まれることが時々あるのだが、基本的なポイントを少し変えるだけで文章のリズム…

議論することにおいて、一番価値が高いのは「責任を持って結論を出すこと」だと思う

ただ意見を言うことは議論じゃないし、愚痴を言うだけなんてなおさら無価値だよね。という話。 大学院の講義で、「議論する力とは何か」について議論する機会があった。僕はわりと大きな企業で働いてきて、いろんな部署や組織に属し、会議というものには数え…