しがないマーケターの戯言

学びとキャリアに役立つ知識をまとめて紹介

Twitterアカウントを複数もつ人(裏垢)の割合と心理

f:id:iroiromanabu:20190213214503j:plain

久しぶりにマーケターらしい記事の投稿。

この記事では、筆者が独自に収集したアンケートデータをベースに

・人はいくつツイッターのアカウントを持っているのか

・どのくらいの人が裏垢をもっているのか

・本垢・裏垢で投稿する内容や心理が異なるのか

などについて分析してみた。

*過去にSNSについて書いた記事はこちら

iroiromanabu.hatenadiary.jp

iroiromanabu.hatenadiary.jp

アンケート調査の概要

ここで紹介するデータは、独自アンケートに基づいている。対象は、アンケートリンクを貼ったプロモツイートにより、ランダムにツイッターユーザーにアプローチし、任意で回答に応じてくださった方たちだ。

なんと、合計436人の回答が集まった。内訳は、20代を中心にした女性が多く、女性比率が約76%という結果になった(女性のほうが任意アンケートに快く回答してくださるということかもしれない)。

f:id:iroiromanabu:20190213214625j:plain

*調査対象としてはかなり偏りはあるが、これは個人的なアンケートなのであくまでご愛嬌ということでデータを見ていただきたい。

ツイッターの保有アカウント数

まずは、ツイッターの保有アカウント数から。

「持っているTwitterアカウントの数は?」という問いに対し、驚くべきはオレンジ色の部分4つ以上アカウントを持っている」人の割合だ。

f:id:iroiromanabu:20190213214652j:plain

若い人ほどアカウントを多く持っていて、10代・20代前半の半数以上はなんと4つ以上アカウントを持っている。複数のアカウントを持ち、使い分けているようだ。

裏垢を保有している割合

次に、いわゆる「裏垢」を保有している割合。このアンケートでは、

・本垢:リアルな知人と多くつながっているアカウント

・裏垢:リアルな知人とはあまりつながっていない匿名アカウント

と定義している。

裏垢と言っても、趣味用のアカウントや閲覧専用のアカウントなど様々だと思うが、今回は上記のように単純化して回答してもらっている。

f:id:iroiromanabu:20190213214738j:plain

このデータを見ると、アカウント数が多い若い世代10代~20代は80%以上が裏垢を持っていて、かつその割合は女性のほうが高い。

*あくまでツイッターをやっている人が調査母体であることは留意

裏垢でつぶやく心理

最後に、本垢・裏垢別でつぶやく時の心理を確認した。

これは予想通りといえば予想通りだが、裏垢のほうが、ネガティブな気持ちをつぶやきやすい傾向にある。意外にも異性の話は本垢でも裏垢でも比率は低い傾向だった。

f:id:iroiromanabu:20190213214817j:plain

SNSで悲しいこと、辛いこと、ムカついたことなど、ネガティブなことを投稿するのは、実際の知人の目も気になることも多い。そういった感情を自由に出せる場として、裏垢の存在があるのかもしれない。

 

***

今回は、裏垢でつぶやく心理をかなり抽象化して確認したが、今後はもう少し「裏垢をなんの目的で作っているか」などを確認しても面白そうだ。

また、多くのツイッタラーに役立つデータをとるには、「どんな投稿にファボやリツイートをしたくなるか」なども聞いてみたいところ。

以上、ツイッターを使っての独自調査はけっこう面白かったので、また別の切り口で実施してみたいと思う。