NERDY

しがないマーケターが書く戯言。

働きながらMBAを学ぶことに意味はあるのか?【学位の価値や学べること、人脈など】

f:id:iroiromanabu:20171208224548j:plain

オーストラリアのBond大学と、BBT経営大学院が提供するコラボコース、Bond-BBT Global Leadership MBAコースに入学して2年ちょっと。ようやく卒業が見えてきた。僕はこの大学院で、完全に自費で学んでいて、都内の企業でフルタイムで働いている。二足の草鞋だ。

ここで学んでいることを会社の人や知人に話すと、トータル400万円近くはするし、それなりに勉強時間も必要なこともあり、よく「何か仕事で役立つの?」「MBAとったら出世できるの?」などと聞かれる。時には「人生ブレてるじゃんwwwなどと揶揄されて悔しい思いをすることもあるので、自分の言葉で働きながらMBAを学ぶことの価値をまとめておきたい。

資格としての価値はない

まず前提として、MBAというのは単なる学位だ。これを卒業したからといって、独占業務があるわけでもないし、出世が約束されているわけでもない。転職活動で役に立つとしてもせいぜい書類審査までだろう。

学ぶことといえば、マーケティング、事業戦略、財務、会計、統計、交渉、リーダーシップ、組織論など、ビジネスのあらゆる分野の基礎基本だ。だから、「プログラミングを学ぶ」とか、「英語を学ぶ」などといった、目に見えてすぐに活用できるスキルが身につくわけではない。では、MBAを、しかも働きながら学ぶ価値はどこにあるのだろうか。

知識・スキルの一般化

MBAを学ぼうと思ったきっかけの一つに、「どこでも通用する人間になりたい」という思いがあった。30歳を目の前にして、「今の会社でしか役立たない能力」を磨き上げることにリスクを感じたのだ。MBAでは、フレームワークを暗記するような勉強をするわけではなく、自分でビジネスアイデアを出したり、企業を分析したりして、クラスメイトやトレーナーとディスカッションを行う(Bondの場合はオンラインディスカッション)。もちろん、ここで学ぶ前から3CSWOT4P分析も知っていた。しかし、今の会社の仕事とは関係のないところでこれらのツールを使って分析・発案して異業種で働くクラスメイトと議論することで、ビジネスの知見を、社外でも使えるものとして「一般化」できたと思う。これは、いつ転職しても大丈夫だ、例えクビになったとしても他の仕事でもやっていけるはず、という自信をもたらしてくれている。

視点が一段階上がる

また、ありふれた言葉になってしまうが、「視野が広がる」ことは間違いない。というか、「視点がひと段落上がる」感覚はある。これまで自分の会社の一つの事業へと視点が狭まっていたのが、競合、業界全体へと広がる。例えば、事業戦略論の授業で、ファイブフォース分析を用いて色々な他業界を分析する中で、自分の業界は全く違うはずなのに共通点もあって、他業界の同じ考え方は使えるのではないか?など新しい仮説も生まれる。

個人的には「働きながら」MBAを学んでいることにも価値があると考えている。ビジネスは理屈だけではないが、経験だけでもない。理屈を学びながら、日々実務で経験を積むことによって、「あ、これってこういうことだったんだ」という実務での気づきもある。例えばリーダーシップ論を学ぶことで、「あの上司が人を惹きつけるのはこういうコミュニケーションや理論を実践しているからなんだな」などの気づきだ。

独立・起業の失敗リスク軽減

経営のあらゆる分野の知見の基礎を押さえられるので、独立や起業にはもちろん役に立つと思う。これは、「起業したら成功できるようになる」という話ではなく、「無知ゆえの失敗」は避けられるだろうという話だ。地図やコンパスを持たずに旅に出るより、目的地に到達できる可能性を高められるものではあるはずだ。僕も会計や財務、組織論といった分野には全く無知だったが基礎だけは理解できた。その分野で問題が起きた時に、誰かにサポートを求めて解決することはできる気はしている。例えば、会計士にサポートを求めて、その会計士からのアドバイスの本質が十分に理解でき、解決に向けて議論できるのとできないのでは、事業の成功確率が変わるのではないかと思っている。

学生同士のネットワーク

よくMBAで学ぶ価値として「人脈」というものがある。確かに世界のトップスクールには及ばないだろうが、学生同士のネットワークというものは少なからずある。そもそも、自費でビジネスを学ぼうという意識の高い人たちの集まりなので、交流会やグループワークで話を聞くとかなり刺激になる。

また、卒業生含めSNSでの交流も盛んなので、「こういう強みを持ったパートナー企業を探しているのですが、紹介してもらえませんか?」や、「うちの会社でこういうポジションの採用を始めているのですが、興味ある人いませんか?」など、実際のビジネスやキャリアを発展させる機会も得ることができる。ちょうど僕自身も、海外で働いている同期の方に、転職の相談に乗ってもらったりもしている。

ともあれ、学ぶことは楽しいこと

色々とMBAで学ぶ価値を挙げてきたが、働きながら学ぶというのは大変なので、単純に目に見えるコスパだけを考えるとやってられないと思う。目の前の仕事だけでは、見えない学びや、広い世界を知れる貴重な機会だ。それを楽しい!と思って取り組める人には強くオススメしたい。少なくとも僕にとっては、学ぶ楽しさと無知の知を得たかけがえのない経験になっている。