NERDY

しがないマーケターが書く戯言。

英語を仕事で使えるレベルにするための効率的な勉強法まとめ

f:id:iroiromanabu:20171229162411j:plain

僕は帰国子女でもなければ留学経験もない。いわゆる純ドメスティック人材だ。英語が流暢というには程遠いレベルである。

しかし、国内だけの英語学習の末、今では海外の大学院で学び、仕事で外国人と最低限のコミュニケーションがとれるレベルには至っている。TOEICの点数は800ちょっとではあるが。

そこで、仕事で英語を使うために効率的に上達する英語勉強法をまとめてみる。「ビジネス英語」というとハイレベルのように感じるかもしれないが、「仕事で使う可能性の高い英語だけ身につける」と考えると、そのほうが効率的だし身につくのは早い。

オススメしない英語勉強法

まずは、オススメしない勉強法を念のためまとめておく。僕の失敗の経験を踏み台にしてほしい。

TOEICの問題集を解く(だけ)

TOEICの問題集を解くことが、英語学習の中心になるのはオススメできない。もちろん、TOEICは英語力を測る上でのわかりやすい数値ではあるし、内容もビジネスを前提としているので、問題文で扱うシーン自体は良質なものだと思う。

ただ、あくまでTOEICの勉強はインプットに偏りすぎているので、問題集を解くことが勉強の中心になってもビジネスで英語を使える力には直結しないだろう。もしTOEICのスコアが就職等で必要なら、テスト前に模擬テストを1回解くくらいで十分。テクニックで問題を解いても、本質的な英語力ではないので、解答テクニックに走ることはやめたほうが良い。

文法問題と単語集の暗記

これも1点目とほぼ同じ理由。話す英語力をつけたいなら、文法問題を解いたり、単語をひたすら暗記する日本的学習法からは早めに卒業することをオススメする。インプット(知っていること)と、アウトプット(使えること)は圧倒的に違う。スタート段階としては、文法知識は中学生レベルで十分で、それを「知っている」のではなく「使える」レベルに上げることが何より重要。

もちろん語彙力というのは非常な重要な要素ではあるが。単語を覚えることが悪いといことではなく、単語集で「英語→日本語」という覚え方をすることが良くないという意味だ。語彙力を鍛えたい場合は、文章を音読したり、文章ごと暗記するほうが遥かに有意義だと思う。

映画を字幕なしで観る(ことを目標にする)

英語を字幕なしで観ることを目標に英語学習をスタートする人がいるが、これもオススメできない。なぜなら、英語を字幕なしで観るというのは、とても高い英語力が必要だから。一つの分野にしぼって英語力をつけることは効率的だが、あらゆるジャンルがある映画となるとあらゆる語彙力や背景知識が必要。映画を字幕なしで観ることを学習のスタートの目標にするのは、これからギターを始める人が、「まずは即興で演奏できるようになりたい」と目標にするようなものである。

もし映画を英語学習に使いたいなら、1つの映画を何度も繰り返し見てはどうだろう。英語の字幕で見るのはリスニングの練習として効果的だと思う。

カフェの英会話レッスン

個人契約のような形で、カフェで英会話レッスンを受けることも可能だ。通常の英会話スクールに比べてレッスン料は安い場合が多く、魅力的かもしれない。ただ、これは全くオススメできない。

なぜなら、こういったところで見つけられる英語教師は、外国人留学生等の人が多く、英語の「教師」ではないから。日本語に置き換えて考えてみてほしい。外国人に「~は」と「~が」の違いを明確に説明したり、その人のモチベーションなども踏まえて上手くフィードバックしたりすることが、誰にでもできるだろうか?英語を話せる能力と英語を教える能力は全く違う。しかもそのレッスンに、1レッスン2,000~3,000円とか払うわけなので、全くコストメリットに合っていない。恥ずかしい話だが、僕もこれで失敗したことがある。英語を話している気になるが、実際は教師がペラペラしゃべっているのを聞いているだけである。

オススメの勉強法

で、ここからがオススメの勉強法。

文型の理解

文法問題集でゴリゴリ文法問題を解くことはオススメできないが、基本的な文型を理解することは非常に重要。SVOCとか、高校の時に学習したと思う。どれが主語でどれが述語か、どれが名詞節で、どれが形容詞句で、どれが副詞節か、説明できるだろうか。

もし説明に不安があったら、一度高校1年生レベルの文法書などを見返してインプットすることをオススメする。これをわかっていると、英文が「単語」に見えていたものが、「文としてのカタマリ」に見えるようになってきて、読むスピードも理解力もかなり上がる。参考書1冊買えばこと足りるのでぜひ勉強してほしい。

瞬間英作文アプリ

瞬間英作文というのは、中学生レベルの文法を使ったシンプルな文章を、ひたすら「日本語→英語」に訳していくトレーング。これがかなり効果的。英語をアウトプットする思考回路をが身につく。

ただし、書籍ではなくアプリを使うというのがポイントで、アプリだと同時に音声が聴ける。アウトプット力を鍛えながら、リスニング力も鍛えられて一石二鳥だ。オススメの英作文アプリ「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフル」は1,200円程度。有料アプリだが、コスパは非常に高いはず。

オンライン英会話

これはいわずもがなだろう。1ヶ月1万円前後で、スカイプで英会話レッスンを毎日受けられるサービス。アウトプットの機会をたくさんもつためには使わない手はない。ただ一つ注意したいのは、教師の質。

多くのオンライン英会話の教師は、学生や主婦など、英語を教えることのプロではない。前述したカフェ英会話のレッスン同様に、教えるモチベーションやスキルが低い教師はたくさんいる。ただ、WEB上でテキストがきちんと用意されていることが多いし、教師たちも最低限の研修は受けているはずなので、個人的にはカフェ英会話よりは遥かに信頼している。

英会話スクールの短期集中コース

英会話スクールの短期集中コースを利用するのはオススメ。大手の英会話スクールに在籍している教師は、やはりオンライン英会話やカフェ英会話の教師よりも優秀。もちろん個人差はあるが、教える熱意も持っている人が多いと思う。時間あたりの価値はとても高い。

しかし、レッスン料は高価。だからこそ、ペースメイク的に短期集中のようなショートパッケージのコースを受講して、オンライン英会話との相乗効果を狙うことはオススメだ。

アジア短期留学

そして、時間があれば、フィリピンやタイ、マレーシアなどの短期留学に行くのは非常に価値があると思う。ぼく自身もフィリピンのセブ島の語学学校に、1週間だけですが入って勉強したが、航空券合わせても10万円未満ですんだ。正直教師たちの授業の質にはムラがあって、ずっと世間話をしている教師もいた。しかし、1日中英語を使う環境で生活できるのはモチベーションがかなり上がるし、もちろんアウトプット量が格段に増えて英語の上達にもつながる。

まとめ

英語学習において、オススメしない勉強法は、TOEICの問題集を解く、文法問題と単語集の暗記、映画を字幕なしで観る、カフェの英会話レッスン。オススメの勉強法は、文型の理解、瞬間英作文アプリ、オンライン英会話、英会話スクールの短期集中コース、アジア短期留学。