NERDY

しがないマーケターが書く戯言。

無料でいくらでも学べる時代に、それでも大学院で学ぶ理由

f:id:iroiromanabu:20171215210847j:plain

「今は世界のトップビジネススクールの講義が無料で見られるし、あらゆる論文もネットで読める時代。MBAで学ぶことなんて自分で学べる」

みたいな主張を最近どこかで読んだ。

MBAは自分で学べるか

本当に自学自習でMBAで学ぶことを数年で学び切れる人がいるとしたら、その人は相当な努力家で、強い目的意識があって、頭が非常に良い人だ。もし、上記の意見を言った方がMBAを学ばずに言っているのなら、「じゃあどうぞ自力でやってみてください」と言いたい。

学ぶ「環境」を買う

大学院とかビジネススクールに在籍することは、勉強を嫌でもしないといけない「環境」を買うことでもある。レポートやテストの締め切りに追われ、わからないところは先生や同期に相談し、必死に理解していくことになるので、2年やそこらでビジネスにおいて重要な学問を網羅できる。

逆に言うと、ビジネススクールで学ぶということは凡人(自分のような)にメリットが大きいと考えている。

自学自習は難しい

子どもの勉強と同じ。今の時代は、優秀な講師の授業が、映像の録画授業で、無料で、もしくは格安でいくらでも見れる時代。でもそれだけでは成績が上がらない子どもなんて山ほどいるわけだ。それだけ、自学自習というのは難しいということ。だから厳しい塾に子どもを通わせたい親御さんがいる。

 

「環境」を買うということは、本気で勉強したい場合は非常に重要だという話でしたー